(有)Ai空間デザイン室

TEL:047-411-7442 / FAX:047-411-7443
千葉県八千代市緑が丘2-33-10飯田第12ビル102号室

設計・施工レポートArchive

Aiスタッフの新倉です。

初夏のさわやかな風が心地よい季節となりましたね。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

遅ればせながら昨年、千葉県勝浦市に整骨院が完成し、
ビフォーアフター写真と共に、設計でこだわったポイントなどをご紹介していきたいと思います✨

普段、ご依頼いただくお仕事は、空きテナントにお店を作ることがほとんどですが、今回は「戸建て住宅」を「店舗併用住宅」にリノベーションする必要がありました。
屋根工事→外壁工事→内装工事→外構工事と、工事が終わるごとに、お家の雰囲気もガラッと変わっていきました!

また、今回、お店に合わせてロゴマークや書体デザインを作り、診察券や名刺などもデザインさせて頂きました。

●ファサードデザイン
色パターンをいくつかこちらで用意し、その中からお客様に選んでいただきました。
最終的には、一目見ただけで覚えてもらえるような、おしゃれなカリフォルニアスタイルの外観となりました!
チェリー色の木塀やホワイトのブラケットライトとも調和しています。
目の前にスポーツ系の大学がありましたので、「若者の注目も惹く」「爽やかな」印象という点も意識してコーディネートしました。

●インテリアデザイン
住宅スペースの1階部分で、かつて洋室・和室だったところを、店舗スペースにリノベーションしました。
店舗スペースの限られた場所に、ベッドを3床配置するのは工夫が必要でしたが、すでに配置が決まっている器具などをしっかりヒアリングして、お客様との打合せを経て、プランニングを重ねていったので、無事収めることができました。
内装は白、ナチュラルな木目、そして勝浦の海をイメージしたブルーも全体のカラーに取り入れました。

●アプローチ
石塀を撤去し、住居部への出入り口とは別の、店舗専用のアプローチを作りました。
建物南面に店舗用入口を設けて、そこまでのアプローチを緩やかな階段とウッドデッキの組み合わせとし、木塀と同材を使用し、全体のイメージを調和させています。樹脂製の材料を使用していますので、経年劣化に強い材料となっています。
アプローチからは綺麗な勝浦の海を見ることもできます。
整骨院の内装デザイン整骨院の内装デザイン

●ブランディング
「海(波)」「風」「山(森・緑)」「太陽」とやさしく輝く「月」をテーマにしたロゴマークをデザインし、診察券や名刺のデザインも行わせていただきました。

整骨院の内装デザイン

●完成後…
お客様が、夜のライトアップの様子を撮影し、後日撮影した写真とメッセージを送ってくださいました。
「想像以上に綺麗で驚きました🤣すごく目立ちますね😁目立つけど落ち着いた感じも素敵です✨これだけのものを作って頂いて本当にありがとうございます!」

整骨院の内装デザイン

この仕事は、とてもやりがいのある仕事で、お客様の喜ぶ姿は本当に、私たちの力になります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
また次回もよろしくお願いいたします。

 

Pagetop
整骨院の内装デザイン

夜には鈴虫の音。秋本番に向かっています。

朝晩の気温差が大きくなってきたと感じます。季節の変わり目、体調を崩さないようどうぞ皆さまお気をつけください。

 

今日はウッチーがブログを担当しています(^_^)

 

この夏に完成した「みなもと整骨院」さんについてご紹介します。

既存店のリニューアルをしたというお話です。

 

リニューアルのきっかけは、何か大きな問題点があるということではありませんでしたが、年月が経過した様子が見られたり、もっと洗練した雰囲気としたいというお気持ちでした。

 

初めて院にお邪魔したときの印象は「見通しがいい」でした。

面積はコンパクトですが、目線の高さまでの仕切りがほぼ無く、院内を見渡せるレイアウトでした。

アットホームな感覚を受けるという良さがありましたが、もっと「整骨院らしさ」を出す、お客様がリラックスしつつも「治療を受けに来た場所」と感じていただけるようにすることが目標となりました。

 

今回のリニューアルのポイントをお伝えします‼

 

■レイアウトについて

施術の方法、書類の分量、今後のスタッフの増加など、この院で働いている様子をじっくり教えていただき、イメージを膨らませていきました。

打合せを経て、レイアウトはこれまでと大きく変わりました。

院内へ入ったときに視線を受け止める木格子壁、受付カウンターの配置変更、ベッド数の調整(将来の増床も含める)を行うことにしました。

 

■カラーコーディネートについて

「リニューアル」としてすべてを変更するという場合もありますが、今回の整骨院では、長年慣れ親しまれた色合いを踏襲する方向になりました。

駅前から徒歩すぐですが、比較的静かで穏やかな立地にあること、住宅地が隣接していることも考慮し、この町並みに馴染みつつ、かつ洗練された色合いを目指しました。

 

■既存部分の補修

リニューアルのタイミングは、天井や壁の下地を見直す機会となります。

現地調査の時点で補修が必要になりそうな箇所をチェックしておきました。

テナント側で生じた不具合など(代表的なものは雨漏れなど)があれば最初に伺っておきます。
でも、実際に天井や壁を壊してみないと分からないということもあります。これは建築の怖いところでもありますね…。

とにかく大切な点は、確認したことをしっかりお伝えし、クライアントとちゃんとコミュニケーションを取り、納得していただきながら進めていくということです。

 

こうしたポイントをしっかり打合せし、無事にリニューアルオープンとなりました!

リニューアル前とリニューアル後の様子をどうぞご覧ください。

 

【リニューアル前】

 

【リニューアル後】

整骨院の内装デザイン

整骨院の内装デザイン

整骨院の内装デザイン

整骨院の内装デザイン

整骨院の内装デザイン

 

最後までご覧いただきありがとうございました!
次回もどうぞよろしくお願いします!!

Pagetop
塾の内装デザイン

九月も半ばに入り、やっと秋の気配が感じられるようになりましたね。

Aiスタッフの新倉です。

私は、稲の黄金色の景色や金木犀の香りが好きで、季節の移ろいを感じられて、この時期は特にお散歩を楽しめています。ぜひお休みの日には、お散歩に出かけてみて下さいね♪

今日は、Aiで手がけた「個別指導学院ヒーローズ」についてご紹介したいと思います。
この塾は、イオンモール内に位置し、多塾展開をされているランフロム様にとって、ショッピングモールでの第1 号校舎を出店するというタイミングで、これまでとは違うショッピングモールの工事を行える業者を探していたところで弊社を見つけてくださり、お声をかけて頂きました。
計画の中でこだわったポイントなどをこれからご紹介していきたいと思います。

 

●インテリアデザイン
当初より内装のコンセプトが明確で、お客様から
・フラストレーションがたまらない「テーマパークみたい」と思える空間
・学習塾らしからぬ「楽しい」内装
というご提案を頂きました。そこで、まず、クロス選びにこだわりました。

塾の内装デザイン
3面壁はチョークで好きな絵や文字が書けるクロスを選定し、残り1面は、「ノートのような方眼クロス」を選定し、そこで身長を測ることができます。竣工後まだお邪魔したことがないのですが、生徒達がクロスを使ってどのように「自由な教室の空間」になっているかが、楽しみです♪

塾の内装デザイン

 

●ファサードデザイン

モール内通路と店内を壁で仕切りつつも、FIX窓を設けて、開放的にしました。
それによって、お買い物中のお客様にも中の様子が分かります。また、帰りを待つ親御さんも、子供が勉強している様子が分かるので、安心していられるというメリットもあります。

塾の内装デザイン

 

●アイテーブル
当初より「講師1人が中心となり、講師が移動することなく、またはすぐに目視できる範囲にテーブルを配置する」という明確な目標がありました。
そこで、色々話し合いを重ねた結果、「アイテーブル」という独自のテーブルを一からオーダーで作ることにしました。
「eye」という言葉にあるように、人間の「目」模倣しています。平面図上で見ますとそのように見えます。

塾の内装デザイン
実際に完成後、生徒側の椅子に座ってみましたが、両側には非透明のパーテーションがあるため、講師しか視界に入りません。生徒たちは、それぞれが別々の課題に取り組むため、集中した環境で勉強に取り組めるかなと感じました。

また、コロナ対策用の4色カラーパーテーションにもこだわりました。全て形を少しずつ変えています。

塾の内装デザイン

お買い物中のモール通路を通る人たちもお店に注目して下さっていましたが、特に子供達にとても人気がありました。「テーマパーク」のような雰囲気を感じられるからかもしれません。

塾の内装デザイン

最後までお読みいただき、ありがとうございました!
また次回もよろしくお願いいたします。

Pagetop

Aiスタッフの新倉です。
今日は今年2月にオープンした,星の接骨院について,ご紹介したいと思います。

リノベーション前と後の写真を見ながら,紹介していきたいと思います✨

既存のテナントの状況は,ツーバイフォーの建築物でしたので,壁が細かく立ち上がっている状況でした。その壁位置を活かすプランニングとしました。

 

 

基礎部分が室内に立ち上がっている構造で,以前はタイルが張られている仕上げでしたが,ボードを貼り直しアクセントクロスを貼ったことにより,空間に変化を付けることができました。

 

 

そしてこのテナントは,外壁に看板を取り付けることができないという条件がありました。
それでメインストリート沿いの植え込みを用い,看板を新規に植え込み内に設置すると共に,ガラス自体が発光する商材を提案し,日中は造形物として,夜間は光を放つアクセントとしてしっかり店舗に目を引く工夫をしました。

 

整骨院の内装デザイン

 

現場管理をしたアンさん曰く,工事の最終日がちょうど木星と土星の最接近の日だったそうで,「星の接骨院」の工事の最終日にふさわしい印象的な体験だった,ということでした!

最後までお読みいただきありがとうございました。
次回のブログもお楽しみに♪

 

施工実績はこちら>>星の接骨院

Pagetop

こんにちは。Aiスタッフの新倉です。

今日は、神田駅近郊の路地裏にできた、小さな「カフェ&バー」をご紹介したいと思います。

朝、昼はカフェ、夜はバーを営業しています。

 

お打合せを重ねるうちに、営業の仕方などが固まり、6席で内部カウンターをI型に伸ばすプランから、7席で内部カウンターをL型にするプランに固まりました。

 

厨房は、いわば「コックピット」のように色んな什器や棚板がちょうどよく配置される必要がありますが、どのようなものを配置するか、早いうちからヒアリングをし、断面図で高さ関係を確かめながら、細かく設計を行いました。

そのお打合せを重ねたおかげで、厨房スペースを必要最小限に留め「客席スペースをなるべく広く取りたい」というお客様のご要望を叶えることができました。

 

 

また、オフィス街ということもあり、気軽にお店と接点をもってもらえるようにテイクアウトカウンターを新設しました。コロナ禍でも多くの人にコーヒーを楽しんでもらうことができます。

 

 

お店では、パプアニューギニア産のスペシャルコーヒーのうちでも良い豆を選別し、自家焙煎をして、お客様にご提供されています。

 

内部カウンターの手前には、店主こだわりの焙煎機を配置しました。

酸味と甘さのバランスを考えながら最適なポイントを探りながら、毎日焙煎をしておられるようです。甘い香りが空間全体に広がっています。

 

カフェの内装デザイン

 

当初は、事務所のような無機質な空間でしたが、カフェ&バーに様変わりしました。

 

 

都会の雑踏の中、落ち着ける空間となっています。

ぜひ、神田駅で下車された際には、お立ち寄りください。

 

Store name>>> sheep cafe&bar

address>>> 東京都千代田区内神田2丁目8−1

 

次回のブログもお楽しみに♪

Pagetop

強まる日差しに夏への移ろいを感じる季節となりましたね。

Aiスタッフの新倉です。最近、実家でびわがなりました。

びわを、一度に20~25個剥いて、甘く煮てコンポートにすると、本当に美味しくて最近ハマっています♪

 

今日は、弊社で設計・施工した、鍼灸院・整骨院についてご紹介したいと思います。

 

本院が入るテナントには、これまで整骨院があり、居抜き物件だったため「今あるものをなるべく生かしたい」という条件から打合せがスタートしました。

 

打合せを重ねた結果、既にある

 

・天井カセットエアコン

・受付カウンター/器具類

・WCやミニシンク

・既存のアクセントクロス(木目調)

・間仕切壁

 

は生かすことにしました。

 

そして…

 

・床→フロアタイル(落ち着いた木目調)と、タイルカーペット(芝生のような素材)に貼替

・壁→一部チャコールグレーのアクセントクロスに、それ以外は白のクロスに貼替

・化粧の柱→オリーブ色に塗装

・梁/建具/建具枠→チャコールグレーに塗装

・照明器具→間取りに併せて再配置及びデザイン

・看板→リデザイン(中のアクセントクロスに併せて)

 

を行ったことにより、今あるものを最大限生かしつつも、お客様のご希望の「色」や「雰囲気」に寄せることができました。

 

内外装共に、白とチャコールグレーのツートンカラー、また共通の木目の色を使うことによって、統一感を出すこともできました。

また、給排水設備工事や木工事が入らなかったことによって、コスト削減にもつながりました。

 

 

書体デザイン、ホームページなども店舗を構成する要素の大切な一部ですが、今回、弊社で書体デザイン、ホームページも作成させていただき、ホームページに関しては内外装で使った色なども採用しました。

 

 

「ナチュラルで木の温もりを感じられる落ち着いた空間」に仕上がったと、お客様もコメントしていただき、お気に召していただけたようで、とても嬉しかったです。

 

次回のビフォアアフターもお楽しみに♪

Pagetop
no image

“RICOH THETA” というカメラをご存じでしょうか。

RICOH THETAで撮影すると,超広角360°でその場の景色がすべて残せます。

弊社でも,現調(現場の調査)する時に写真を一度で撮影できるため,2~3年前にTHETAを購入して,いろんな現場で活用していました。

そして今年に入り,遠隔で現場を管理できるシステムがあったら今後は良いのではないのか?という話が社内で挙がり,Ricohの“360見守りサービス”というサービスを見つけました。

そして,導入をきっかけに「かんたん見守りサービスを利用してみたレビュー動画」をYouTubeにアップしたところ,RICOHの方からTHETA Vについて,インタビューを受けることになりました!!

導入をすることになったきっかけや,導入してどんなことが良かったか…について語らせていただきました。

https://www.thetalab.ricoh/article/7885/

Pagetop
no image
ventilation fan

先日の記事で,withコロナの時代にお店を経営されている方に向けて,どんな換気対策が行えるかを具体的にご紹介しました。(記事はコチラ

でもこう考える方もおられるかもしれません。

「換気対策が大切かは分かった。でも具体的にどれぐらいの規模で行うかは分からない。やりたいと思っているけど,どこまでやればいいのか。」

今日は,先日弊社で行った一事例から,換気対策の具体的な方法を分かりやすくご紹介していきます。


では,書いていきます(^o^)

目次

1.「見せる換気」で視覚効果UP

2.なるべく天井材を壊さないように

3.換気回数が大幅に改善

4.店頭ポスターでアピールする


1.「見せる換気」で視覚効果UP

最近私は,あるお店に行った時に「全室換気中」と入口に掲示があるけど,実際にどうやって換気を行っているのだろう?と不安になったことがありました。

皆さんも,これまで,そうお感じになられたことはありませんか。

そのお店には,給気口や換気口があっても,たいていは隠れた場所にあり,探すのは難しいため,そのような不安が生じているのかもしれません。

今回は,そのような不安を取り除くため,換気扇本体,接続ダクトを露出で見せて,実際に換気をしていることを視覚でアピールすることにしました。

またお客様のベッドの直上に換気扇を置いて,稼働していることが目に見えることによって,お客様,従業員双方が施術スペースに居ても安心して施術に集中できるようにも工夫しました。


2.なるべく天井材を壊さないように

換気扇増設工事は通常,天井に埋め込むため,天井の仕上げ材の補修まで含まれることが多く,その分費用もかさみ,工事日数も必要になります。

それで,今回は吊りボルト支持金具を使用し,今仕上がっている天井面に直接換気扇を設置することができる下地状況でしたので,天井の仕上げ材を生かしつつ工事が行えました。工事は,わずか一日で行うことができました。



天井の下地状況がどのような状態かによって、仕上げをやり直す必要があるかどうかの対応が変わってきますので,その点も含めて各案件ごとに現地調査をしっかり行う必要があります。


3.換気回数が大幅に改善

換気回数とは「1時間あたりに何回,その空間の空気すべてが入れ替わったか」を示すものです。

現在,感染症やウィルス対応では2.0回/時程度あれば望ましいと考えられています。

(施術所における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(公益社団法人全国柔整鍼灸協会) 2020年8月5日改定より)

つまり30分に一回,空気が入れ替わるよう計画するように勧められていますが,「1mの距離で,マスク無しで15分会話すると濃厚接触」であるという基準もありますので,15分以内に一回全空気が入れ替わるならば,ある程度の安心感になるかもしれません。

今回の整骨院では,現状の換気回数が2.68回/時でした。

そこから3台の換気扇・3台の給気口を設置することによって,14.36回/時まで増やすことができました。

つまり,約4.2分に一回,全空気が入れ替わることが可能になりました。


4.店頭ポスターでアピールする

現在,東京都では,対策を実施した店舗に限り,「感染防止徹底宣言ステッカー」が取得でき,掲示するよう求められています。

このステッカーによってお客様が,安心して利用できる施設であることを知らせすることができます。

今回の整骨院でも,対策実施後,「4分10秒に一回全空気が入れ替わることを明示したポスター」を店舗入口に掲示することにしました。

これからの時代,お客様はその店舗に入る前に,感染症対策が行われているかどうかポスター又はホームページで確認することでしょう。その点でも効果があると言えます。



いかがだったでしょうか。

このように,時間や手間,費用をかけずに,換気対策は行えますので,ぜひ検討してみて頂ければと思います。

そして,この難しい時代を一緒に乗り切ってほしい!そう願っています。

最後までお読みいただき,ありがとうございました。

Pagetop
no image
ventilation fan

近頃,“withコロナ” という言葉をメディアでもよく耳にするようになりました。

緊急事態宣言が解除されても,新しい生活様式を取り入れてウイルスと共存(withコロナ)していくことが求められる時代になりました。


お客様は「換気」を求めている

お店を経営されている方は,お客様に安心して来ていただくために,どんなことができるか?頭を悩ませていることと思います。

「ホットペッパーグルメ外食総研」が実施した調査によると,「今後,外食のお店選びをする際に気にすることありますか?」という質問に,「きちんと換気がされているか」を挙げた人が女性は62.3%,男性は37.3%であることが分かりました。

このことから,「換気」対策がされているお店であることが,お客様のお店を選ぶ際の重要な要素になってきていることが分かります。

そんな時代にあって,『どうすれば「きちんと換気」ができるか?』と不安を感じている方もおられるでしょう。

今日は,そんな方に向けて,どんなお店にもできる換気対策についてご紹介します。

では,書いていきます(^o^)/


目次

  1. どの種類の換気方法が有効か
  2. 換気回数を調べる
  3. 換気効率を考える
  4. 換気対策をすると…

1.どの種類の換気方法が有効か

窓やドアのみで行う換気は,第四種換気に含まれます。

また,第一種と第三種は,窓やドアがなくても行える換気方法です。

中小の店舗では一般的に第三種換気が多いように感じています。

例:先日弊社で行った工事でも,第三種換気の方法で行いました。

新たに給気口(空気の入り口の穴)と換気扇(室内の空気をファンで屋外に排出する部分)を増設しました。

まずは,今のお店の換気方法はどの種類か?

増設するなら,どの換気方法が一番有効か?をまず検討します。

そのためには次に,現状の換気回数を確認することが必要です。


2.換気回数を調べる

換気回数とは1時間あたりに何回,その空間の空気すべてが入れ替わったか」を示すものです。

現在,感染症やウィルス対応では2.0回/時程度あれば望ましいと考えられています。

(施術所における新型コロナウイルス感染症対応ガイドライン(公益社団法人全国柔整鍼灸協会) 2020年8月5日改定より)

つまり,30分に一回,空気が入れ替わるよう,計画するように勧められています。

以上の理由から今のお店の換気回数を調べ,2.0回/時を十分に満たすよう新たに計画する必要があります。

(この換気回数に関してはお客様が安心できるには,何回の空気の入れ替わりが良いと感じられるかを考慮しつつ,各店舗で決定すると良い数字だと感じています。

現在は「1mの距離で,マスク無しで15分会話すると濃厚接触」であるという基準があります。

このことからすると,15分以内に一回全空気が入れ替わるならば,ある程度の安心感になるかもしれません。

もちろんこの定義はまた変わるかもしれませんし,もっと早く全空気が入れ替わる換気能力があるならば,リスクはもっと減らせるかもしれません。

それで,先日弊社で工事した店舗では,5分に一回全空気が入れ替わる能力を持たせました。

もちろん,スイッチの強弱もしくはオンオフで,その回数はコントロールすることができます。

そしてその換気回数を店頭に掲示しました。)


3.換気効率を考える

換気効率とは,空気の流れを考えて,新鮮な空気が隅々まで行き渡る尺度のことです。

そのためには給気口(空気の入り口の穴)と排気口(空気の出口)が離れている方が良いです。

換気効率は,店舗のレイアウトによって変わってまいりますので,詳しくは,換気プランナーにご相談下さい。


4.換気対策をすると…

換気対策をしっかり行うならば,今後,さらにお客様に選ばれる「お店」になっていくことでしょう。

この「withコロナの時代」,換気対策をしていることは間違いなくお客様の「安心感」につながっていき,集客効果も発揮することでしょう。

いかがだったでしょうか。

今のお店で,「換気対策」(換気回数,換気効率)の点で,改善できる余地があれば,ぜひ検討してみて下さい。

また,弊社では,換気設備増設のご相談を受け付けています。(御見積作成までは無料です。)

お問い合わせ頂いた後に,実際に現地に赴いて,現在の換気の状況を調べさせていただいてから新換気プランの提案をさせていただきます。

是非お気軽にご相談ください。(換気プランナーへのお問い合わせはコチラ

今は,色んな不安がありますよね。そうした不安を払拭し,withコロナの時代を,明るく乗り切ってほしい!そう願っています。

Pagetop
鍼灸院の内装デザイン

こんにちは♬

今日は,くつろげる鍼灸院「はりきゅうフォリオラ」さんについてご紹介したいと思います。

院づくりを検討されている方には,ぜひ参考にして頂けたらと思います♪


目次

Airレジを導入するメリットとは

施術スペースを個室に


Airレジを導入するメリットとは

これまで,整骨院のほとんどの案件で受付スペースを計画に含めていました。

受付スペースは,受付カウンターやカルテ棚,人が座れる奥行スペースが必要になってきます。

しかしこちらの鍼灸院では,先生の方から「Airレジを導入するので,受付スペースは無くて良い」とのことだったので,その分,待合スペースや施術スペースを広く確保することができました。

レシートプリンター・キャッシュドロアなどを入口に鍵を付けて,休憩スペースに収納しておけば,先生一人でもお店を回すことができ,人件費削減にもつながります。



施術スペースを個室に

この鍼灸院では,施術スペースを全室個室にしました。

個室だと,どうしても「狭く感じられる」という印象がありますが,幅方向・奥行方向を広く取ることができましたし,壁を天井まで上げないことによって,「広く感じられる」ようになっています。

また,個室にするなら周囲の状況を気にする必要がなく,お客様のプライバシーを守ることができ, 安心して治療を受けることもできます。

また,ベットの直上のダウンライトは,調光することができ,その他の明るさは間接照明で補填しています。

「まぶしくないようにしたい」という先生の気遣いが,空間にも表れています。


鍼灸院の内装デザイン

施工前・施工後の写真はコチラ↓

Before

After

鍼灸院の内装デザイン
鍼灸院の内装デザイン
鍼灸院の内装デザイン
鍼灸院の内装デザイン
鍼灸院の内装デザイン

お客様にくつろいでいただけるように,随所に工夫がほどこされた,素敵な院に仕上がりました。



いかがだったでしょうか。

弊社では,無料相談会を随時開催しています。
新店舗開店にともなう疑問や不安はもちろん,既存店舗へのリニューアルプランなど,様々なご相談に対応いたします。

ぜひお問い合わせください。

最後までお読みいただき,ありがとうございました♪

Pagetop