(有)Ai空間デザイン室

TEL:047-405-1703 / FAX:047-405-1704
千葉県八千代市ゆりのき台1-11-5 ソフィアグレース八千代1階3号

お知らせArchive

no image

2018/03/12 お知らせ, 日常

こんにちは。本当に久しぶりのブログ投稿になってしまいました。

アンさんです。

 

先日、Aiがこれまで手掛けさせていただいた店舗数はどれくらいあるのか、

過去にさかのぼり数えてみました。

今日現在で129店舗でした。

 

 

施工させていただいた店舗ひとつひとつをよく覚えています。

 

そのうちの多くの店舗が現在でも営業中です。(89.9%)

 

わたしとしては元気に営業していてくださることほどうれしいことは

ありません。

 

Aiに頼んでくださったお客様は、みなさん「こだわり」を持って店づくりを

行われました。

わたしも打ち合わせの中で、「居心地のいい空間を作ることは、必ずや

お客様に通じ、売り上げに貢献することにつながります」と述べることが

よくあります。

でも実際本当にそうなのかという点に関しては、数字上の根拠づけを

しにくいものだなとも感じていました。

そのような訳で、今回13年間の施工実績をさかのぼり、

そして上記のような数字を見出しました。

 

 

ということは、やはり

 

居心地のいい空間は売り上げに貢献する!

デザインにこだわった店づくりは、売り上げに貢献する!

 

ということだと思います。

 

しかし、ただカッコいいお店をやみくもに作るとなるとコストばかり

掛かってしまいます。

 

Aiに頼んでくださるお客様お一人お一人は、みなさま

事業計画上、当然コストに制約がありながらのご依頼です。

そして弊社としても、毎回その制約を強く意識しながら

予算の範囲内で最も費用対効果の高いプランニング

及びデザインはどのようなものなのか、懸命に模索します。

 

出だしから店舗工事に無駄に大きな負担額を強いるわけには

いかないからです。

 

初期投資に掛かる金額を懸命に用い、最大の効果を得られるように

提案することが、お店が長く続くために大切だと思っております。

 

 

思いをとりとめもなく書いてしまいましたが、

これからも一店舗、一店舗、一所懸命、創らせていただきます!

 

今後のブログですが、ビフォアアフターの記事を載せるのが

しばらく空いてしまいました。たまってしまっているので

また随時アップしていきます!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

no image

2014/12/16 お知らせ

ご無沙汰しております。

この度Ai空間デザイン室は東京都港区麻布十番から千葉県八千代市ゆりのき台へと移転いたしましたのでお知らせ致します。

麻布十番の事務所には目の前に大きな木があり、緑のある風景をいつも楽しむことができていましたが、移転先のゆりのき台事務所の前も緑地が広がっており、とてもきれいな眺めで落ち着きのある場所です。
事務作業で目がつかれた時にほっと一息……優しい緑色が目にしみます。

お近くを通りかかった際にはぜひお気軽にお立ち寄りください。

no image

2013/02/01 お知らせ

先日、社長TVというネット上でのインタビューを受けました。

 

独立に至った経緯や、なぜ独立することを考えたか、

何を大切に考えて仕事をしているか、今後の目指していることなど、

事前にインタビュアーの方の質問が用意されていて、それにこたえる

形で収録され、それが編集されアップされるという内容でした。

 

ネットというのは、とかく顔が見えにくいものですが、

このような形で代表者がどんな考えなのかを述べる姿を見れる

サービスというのはとても大事なものなのではないかなと思いました。

より安心感を持っていただける要素になる気がします。

もともと弊社のサイトはそのような、我々の施工例や、考え方を

なるべくオープンにお見せできればという考え方で作ってきましたが、

その基本コンセプトに合うものでした。

 

弊社ウェブサイトより「千葉の社長TVインタビュー動画」を公開しております!

Ai空間デザイン室のHPはこちらよりどうぞ。

www.e-aiweb.com

no image

2011/03/31 お知らせ

東日本大震災の影響を受けておられる皆様へ

今回の未曾有の大震災で被害を受けられた方々に心よりお見舞い申し上げます。

震災から約3週間経過しましたが、避難しておられる皆様や震災ゆえに困難な状況にある方々が一日も早く穏やかな生活を取り戻せることを願っております。

今この時も救援活動に参加し、尽力しておられる方々を心より応援しております。

これから復興へ向け、さらに多くの手が必要になることと思います。

私共も微力ながら支援ルートを通じてご協力させて頂きます。

有限会社Ai空間デザイン室 社員一同